格安国際電話の掛け方

日本からの格安国際電話の掛け方を紹介します。掛け方の詳細は右メニューの国別ページよりどうぞ。お探しの国名がない場合はアメリカを参照してください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
VIVA PLUS
VIVA PLUSが後払いに対応しました。後払い派の方にはうれしいニュースですね。
| kokusaidenwa | 国際電話ニュース | 19:14 | comments(35) | - |
アメリカへの格安国際電話の掛け方
日本からアメリカ国際電話をかける場合におすすめの方法がコーリングカードです。

コーリングカードとは前払い式の国際電話用テレフォンカードのようなものです。プリペイドといったほうがわかりやすいかもしれません。 コーリングカードに記載してあるIDと暗証番号をダイアルすれば国際電話が使える仕組みになっているので、家の電話や携帯電話からも使えます。掛け方自体は普通の国際電話とそう変わりません。
  
日本からアメリカへの主要コーリングカード料金比較表
会社名 1分あたりの料金 備考
VIVA PLUS 11円 1分毎の課金
アドベント 10円 6秒毎・後払い。関東関西のみ
新華国際 19円 エコノミー利用時の料金
ICS 12.9円 6秒毎の課金
KDDI 60円 深夜は40円。6秒毎の課金


これを使うだけでアメリカへの国際電話が格安になります。私が実際に使っているVIVA PLUSであれば、日本からアメリカへの国際電話は1分11円(24時間均一、アクセスチャージなど一切なし)です。アメリカの場合携帯に掛けても同じ料金です。東京23区内にお住まいならさらに安くなります。私が使っている限り音質も全く問題ありません。

アメリカへの国際電話の場合、上記のとおりアドベントが一番安くなります。ただ、他国へも国際電話をかける場合VIVA PLUSの方が安い場合が多いので、かける地域によって使い分けたほうがお得になります。

日本からアメリカ国際電話をかけるなら、NTTやKDDIなどを使うよりもはるかに安くかけられます。VIVA PLUSなら2000円分から使えるので、とにかく国際電話をかける人は一回使ってみてください。もうNTTやKDDIでは高すぎてかけれなくなること間違いなしです。

(アメリカへの格安国際電話の掛け方)

▼参考サイト
格安国際電話のかけ方情報館



| kokusaidenwa | アメリカへの国際電話の掛け方 | 02:08 | - | - |
イギリスへの格安国際電話の掛け方
日本からイギリス国際電話をかける場合におすすめの方法がコーリングカードです。

コーリングカードとは前払い式の国際電話用テレフォンカードのようなものです。プリペイドといったほうがわかりやすいかもしれません。 コーリングカードに記載してあるIDと暗証番号をダイアルすれば国際電話が使える仕組みになっているので、家の電話や携帯電話からも使えます。掛け方自体は普通の国際電話とそう変わりません。

日本からイギリスへの主要コーリングカード料金比較表
会社名 1分あたりの料金 備考
VIVA PLUS 11.1円 1分毎の課金
アドベント 19円 6秒毎・後払い。関東関西のみ
新華国際 18円 エコノミー利用時の料金
ICS 15.9円 6秒毎の課金
KDDI 150円 深夜は60円。6秒毎の課金


これを使うだけでイギリスへの国際電話が格安になります。私が実際に使っているVIVA PLUSであれば、日本からイギリスへの国際電話は1分11.1円(24時間均一、アクセスチャージなど一切なし)です。東京23区内にお住まいならさらに安くなります。私が使っている限り音質も全く問題ありません。

もし先払いが面倒であれば、アドベント をおすすめします。最安ではないですが、後払いができる上にKDDI等と比べるとはるかに安く国際電話がかけれます。

日本からイギリス国際電話をかけるなら、NTTやKDDIなどを使うよりもはるかに安くかけられます。VIVA PLUSなら2000円分から使えるので、とにかく国際電話をかける人は一回使ってみてください。もうNTTやKDDIでは高すぎてかけれなくなること間違いなしです。

(イギリスへの格安国際電話の掛け方))

▼参考サイト
格安国際電話のかけ方情報館



| kokusaidenwa | イギリスへの国際電話の掛け方 | 02:32 | comments(0) | trackbacks(69) |
オーストラリアへの格安国際電話の掛け方
日本からオーストラリア国際電話をかける場合におすすめの方法がコーリングカードです。

コーリングカードとは前払い式の国際電話用テレフォンカードのようなものです。プリペイドといったほうがわかりやすいかもしれません。 コーリングカードに記載してあるIDと暗証番号をダイアルすれば国際電話が使える仕組みになっているので、家の電話や携帯電話からも使えます。掛け方自体は普通の国際電話とそう変わりません。

日本からオーストラリアへの主要コーリングカード料金比較表
会社名 1分あたりの料金 備考
VIVA PLUS 13.2円 1分毎の課金
アドベント 28円 6秒毎・後払い。関東関西のみ
新華国際 21円 エコノミー利用時の料金
ICS 26.9円 6秒毎の課金
KDDI 210円 深夜は140円。6秒毎の課金


これを使うだけでオーストラリアへの国際電話が格安になります。私が実際に使っているVIVA PLUSであれば、日本からオーストラリアへの国際電話は1分13.2円(24時間均一、アクセスチャージなど一切なし)です。シドニーなら11.9円です。東京23区内にお住まいならさらに安くなります。私が使っている限り音質も全く問題ありません。

もし先払いが面倒であれば、アドベント をおすすめします。最安ではないですが、後払いができる上にKDDI等と比べるとはるかに安く国際電話がかけれます。

日本からオーストラリア国際電話をかけるなら、NTTやKDDIなどを使うよりもはるかに安くかけられます。VIVA PLUSなら2000円分から使えるので、とにかく国際電話をかける人は一回使ってみてください。もうNTTやKDDIでは高すぎてかけれなくなること間違いなしです。

(オーストラリアへの格安国際電話の掛け方))

▼参考サイト
格安国際電話のかけ方情報館



| kokusaidenwa | オーストラリアへの国際電話の掛け方 | 02:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
中国への格安国際電話の掛け方
日本から中国国際電話をかける場合におすすめの方法がコーリングカードです。

コーリングカードとは前払い式の国際電話用テレフォンカードのようなものです。プリペイドといったほうがわかりやすいかもしれません。 コーリングカードに記載してあるIDと暗証番号をダイアルすれば国際電話が使える仕組みになっているので、家の電話や携帯電話からも使えます。掛け方自体は普通の国際電話とそう変わりません。

日本から中国への主要コーリングカード料金比較表
会社名 1分あたりの料金 備考
VIVA PLUS 10円 1分毎の課金
アドベント 25円 6秒毎・後払い。関東関西のみ
新華国際 15円 エコノミー利用時の料金
ICS 32.9円 6秒毎の課金
KDDI 170円 深夜は80円。6秒毎の課金


これを使うだけで中国への国際電話が格安になります。私が実際に使っているVIVA PLUSであれば、日本から中国への国際電話は1分10円(24時間均一、アクセスチャージなど一切なし)です。東京23区内にお住まいならさらに安くなります。私が使っている限り音質も全く問題ありません。

もし先払いが面倒であれば、アドベント をおすすめします。最安ではないですが、後払いができる上にKDDI等と比べるとはるかに安く国際電話がかけれます。

日本から中国国際電話をかけるなら、NTTやKDDIなどを使うよりもはるかに安くかけられます。VIVA PLUSなら2000円分から使えるので、とにかく国際電話をかける人は一回使ってみてください。もうNTTやKDDIでは高すぎてかけれなくなること間違いなしです。

(中国への格安国際電話の掛け方))

▼参考サイト
格安国際電話のかけ方情報館



| kokusaidenwa | 中国への国際電話の掛け方 | 02:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
ドイツへの格安国際電話の掛け方
日本からドイツ国際電話をかける場合におすすめの方法がコーリングカードです。

コーリングカードとは前払い式の国際電話用テレフォンカードのようなものです。プリペイドといったほうがわかりやすいかもしれません。 コーリングカードに記載してあるIDと暗証番号をダイアルすれば国際電話が使える仕組みになっているので、家の電話や携帯電話からも使えます。掛け方自体は普通の国際電話とそう変わりません。

日本からドイツへの主要コーリングカード料金比較表
会社名 1分あたりの料金 備考
VIVA PLUS 13.1円 1分毎の課金
新華国際 21円 エコノミー利用時の料金
ICS 24.9円 6秒毎の課金
KDDI 310円 深夜は230円。6秒毎の課金


これを使うだけでドイツへの国際電話が格安になります。私が実際に使っているVIVA PLUSであれば、日本からドイツへの国際電話は1分13.1円(24時間均一、アクセスチャージなど一切なし)です。東京23区内にお住まいならさらに安くなります。私が使っている限り音質も全く問題ありません。

日本からドイツ国際電話をかけるなら、NTTやKDDIなどを使うよりもはるかに安くかけられます。VIVA PLUSなら2000円分から使えるので、とにかく国際電話をかける人は一回使ってみてください。もうNTTやKDDIでは高すぎてかけれなくなること間違いなしです。

(ドイツへの格安国際電話の掛け方))

▼参考サイト
格安国際電話のかけ方情報館



| kokusaidenwa | ドイツへの国際電話の掛け方 | 02:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
イタリアへの格安国際電話の掛け方
日本からイタリア国際電話をかける場合におすすめの方法がコーリングカードです。

コーリングカードとは前払い式の国際電話用テレフォンカードのようなものです。プリペイドといったほうがわかりやすいかもしれません。 コーリングカードに記載してあるIDと暗証番号をダイアルすれば国際電話が使える仕組みになっているので、家の電話や携帯電話からも使えます。掛け方自体は普通の国際電話とそう変わりません。

日本からイタリアへの主要コーリングカード料金比較表
会社名 1分あたりの料金 備考
VIVA PLUS 11.4円 1分毎の課金
新華国際 21円 エコノミー利用時の料金
ICS 24.9円 6秒毎の課金
KDDI 310円 深夜は230円。6秒毎の課金


これを使うだけでイタリアへの国際電話が格安になります。私が実際に使っているVIVA PLUSであれば、日本からイタリアへの国際電話は1分11.4円(24時間均一、アクセスチャージなど一切なし)です。東京23区内にお住まいならさらに安くなります。私が使っている限り音質も全く問題ありません。

日本からイタリア国際電話をかけるなら、NTTやKDDIなどを使うよりもはるかに安くかけられます。VIVA PLUSなら2000円分から使えるので、とにかく国際電話をかける人は一回使ってみてください。もうNTTやKDDIでは高すぎてかけれなくなること間違いなしです。

(イタリアへの格安国際電話の掛け方))

▼参考サイト
格安国際電話のかけ方情報館



| kokusaidenwa | イタリアへの国際電話の掛け方 | 03:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
スイスへの格安国際電話の掛け方
日本からスイス国際電話をかける場合におすすめの方法がコーリングカードです。

コーリングカードとは前払い式の国際電話用テレフォンカードのようなものです。プリペイドといったほうがわかりやすいかもしれません。 コーリングカードに記載してあるIDと暗証番号をダイアルすれば国際電話が使える仕組みになっているので、家の電話や携帯電話からも使えます。掛け方自体は普通の国際電話とそう変わりません。

これを使うだけでスイスへの国際電話が格安になります。私が実際に使っているVIVA PLUSであれば、日本からスイスへの国際電話は1分12.8円(24時間均一、アクセスチャージなど一切なし)です。東京23区内にお住まいならさらに安くなります。私が使っている限り音質も全く問題ありません。

日本からスイス国際電話をかけるなら、NTTやKDDIなどを使うよりもはるかに安くかけられます。VIVA PLUSなら2000円分から使えるので、とにかく国際電話をかける人は一回使ってみてください。もうNTTやKDDIでは高すぎてかけれなくなること間違いなしです。

(スイスへの格安国際電話の掛け方))

▼参考サイト
格安国際電話のかけ方情報館



| kokusaidenwa | スイスへの国際電話の掛け方 | 21:06 | comments(0) | trackbacks(1) |
スペインへの格安国際電話の掛け方
日本からスペイン国際電話をかける場合におすすめの方法がコーリングカードです。

日本からスペインへの主要コーリングカード料金比較表
会社名 1分あたりの料金 備考
VIVA PLUS 12.7円 1分毎の課金
新華国際 21円 エコノミー利用時の料金
ICS 24.9円 6秒毎の課金
KDDI 310円 深夜は230円。6秒毎の課金


コーリングカードとは前払い式の国際電話用テレフォンカードのようなものです。プリペイドといったほうがわかりやすいかもしれません。 コーリングカードに記載してあるIDと暗証番号をダイアルすれば国際電話が使える仕組みになっているので、家の電話や携帯電話からも使えます。掛け方自体は普通の国際電話とそう変わりません。

これを使うだけでスペインへの国際電話が格安になります。私が実際に使っているVIVA PLUSであれば、日本からスペインへの国際電話は1分12.7円(24時間均一、アクセスチャージなど一切なし)です。東京23区内にお住まいなら市内通話代プラス1分5.4円の安さです。私が使っている限り音質も全く問題ありません。

日本からスペイン国際電話をかけるなら、NTTやKDDIなどを使うよりもはるかに安くかけられます。VIVA PLUSなら2000円分から使えるので、とにかく国際電話をかける人は一回使ってみてください。もうNTTやKDDIでは高すぎてかけれなくなること間違いなしです。

(スペインへの格安国際電話の掛け方))

▼参考サイト
格安国際電話のかけ方情報館



| kokusaidenwa | スペインへの国際電話の掛け方 | 21:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハワイへの格安国際電話の掛け方
日本からハワイ国際電話をかける場合におすすめの方法がコーリングカードです。

コーリングカードとは前払い式の国際電話用テレフォンカードのようなものです。プリペイドといったほうがわかりやすいかもしれません。 コーリングカードに記載してあるIDと暗証番号をダイアルすれば国際電話が使える仕組みになっているので、家の電話や携帯電話からも使えます。掛け方自体は普通の国際電話とそう変わりません。

  
日本からハワイへの主要コーリングカード料金比較表
会社名 1分あたりの料金 備考
VIVA PLUS 11円 1分毎の課金
アドベント 10円 6秒毎・後払い。関東関西のみ
新華国際 19円 エコノミー利用時の料金
ICS 12.9円 6秒毎の課金
KDDI 60円 深夜は40円。6秒毎の課金


これを使うだけでハワイへの国際電話が格安になります。私が実際に使っているVIVA PLUSであれば、日本からハワイへの国際電話は1分11円(24時間均一、アクセスチャージなど一切なし)です。東京23区内にお住まいなら市内通話代プラス1分5.1円の安さです。私が使っている限り音質も全く問題ありません。

ハワイへの国際電話の場合、上記のとおりアドベントが一番安くなります。ただ、他国へも国際電話をかける場合VIVA PLUSの方が安い場合が多いので、かける地域によって使い分けたほうがお得になります。

日本からハワイ国際電話をかけるなら、NTTやKDDIなどを使うよりもはるかに安くかけられます。VIVA PLUSなら2000円分から使えるので、とにかく国際電話をかける人は一回使ってみてください。もうNTTやKDDIでは高すぎてかけれなくなること間違いなしです。

(ハワイへの格安国際電話の掛け方))

▼参考サイト
格安国際電話のかけ方情報館



Check
| kokusaidenwa | ハワイへの国際電話の掛け方 | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) |


国際電話のかけ方 国際電話のかけ方 コーリングカード 国際電話カード 国際電話のかけ方

このページの先頭へ